• 禁止マークのアイコン素材
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Twitter

魔女の森

- Witch in the Forest -

魔女の森
-- Witch in the Forest --

ここは永久に朽ち果てることがない 

美しい理想郷

魔女は狡猾で残酷だ。

人の魂を奪うためならば、手段を厭わない――。

伝承によれば、豊かな頬、鮮やかな歯、淫らな唇、

鷹揚な眉、艶やかな髪、美しい声を持つ。

顔は恐ろしい野生と異常な美しさが同居している。

絶えず嘘をつき、酷い殺しを平気で行い、

且つ微笑みを絶やさない。

魔女が住まうという、森に潜む謎の少女・アリス。

そして彼女のそばに寄り添うように影のように傍にいる

黒猫のナナイロ。

彼女達に出会うのは決まって心に傷を負った

少年・青年達であった。

アリスは彼らに意味深な言葉を残していく。

それが希望に繋がる糸であるのか、

はたまた絶望の深い穴への入り口なのか――。

奇想も可憐も妖艶も血みどろも。​

​そこは誰のこころの中にでもある傷痕。

f00333.png

Episode 1 /  The Pied Piper

f00333.png

はじめての、夜の、残酷な寓話。

夜とも昼ともつかぬその森に響き渡るのは、

子どもたちの無邪気な声と――、

気づけば薄暗い森で一人隠れん坊をしていた

少年​『浩太』。

“……どうして自分はここにいるんだろう?”

浩太には半分、夢の中にでもいるような心地で

​この森の中にいるのだった。

そんな中で、遊んでいた子どもたちの声が

​ふと聞こえなくなってしまう。

入れ変わるように現れたのは、謎の『大人』だった。

彼は云う。

「この辺りには細菌を持った鼠達が大量にいるから、

駆除していたんだ」と。

ここにいるのは危険だから、一緒に車で帰ろうと

言う青年に浩太は不信感と違和感を抱く。

―……なぜだろう? つい今迄聞こえていた

子どもたちの声が、全く聞こえない。

雨音だけが響く、薄暗い森のほとり。

​……雨に濡れた土壌に混ざり、

ほのかに香る血の匂い……。

浩太は段々と、薄れかけていた記憶が曖昧に己の

脳裏を揺さぶるのを覚え始めた。

​段々と目の前の青年に恐怖を覚えた浩太だったが……。

Main Cast:

杜和佑紗

木下由愛

玖珂諒多

古池 譲二・A

御来屋まほろ

etc...

Episode 2 /  欲望と絶望と男の子と女の子

幸せだった筈の、僕の家族。

家に帰れば優しい母がいて、可愛い妹がいて、

仕事で少し遅く帰ってくる頑張り屋の父さんがいて。

だけど、僕のそんな両手いっぱいの幸せも、

クリスマスの日を境に全て崩れ去ってしまった。

全てを変えてしまった。

……誰も悪くない。

決して誰も、悪くはないのに。

夜が来るたびに怯えていた僕の手を取ったのは

高校で仲良くなった友人の春樹の存在だった。

”友達になろう。

友達がいれば、乗り越えられる。

……まあ、大体の事は。”

しかし、同時に過保護を通り越し、

半ば僕に依存する母を、

段々と疎ましく思う気持ちも生まれてゆく。

少しずつ心の距離を空けてゆく僕と母。

母の愛を拒絶する僕の行動は、

互いの心を激しく裏切った。

僕が毒蛇なら初めに誰を噛むだろう?

​父か、母か、……それとも僕自身か。

Main Cast:

杜和佑紗

木下由愛

霧崎利刀

小狼

青山ゆり華

 

etc...

next : 第三話

『フリーズ・ミー 還ってくる』

制作中

!coming soon!

 

名前・役職

こちらをクリックしてテキストを編集し、商品やサービスを評価していただいたお客様のコメントを表示しましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Introduction
イントロダクション

森に住む謎の少女・アリスと、オッドアイの黒猫・ナナイロは
その森で時を止め永遠に生きる存在。
ふたりに出会ったしまったがために数奇な運命を辿る
男達の行きつく果ては何処なのか?

全四話にて織り成される、一話完結型のオムニバス形式サウンドドラマ。
15歳以上推奨、ボーイズラブ。


 

Staff
スタッフ

監督・脚本
黒井メラ



キャラクターイラスト
來住

ラブ山

n氏



​制作補助

清水くるみ

まちゃん。

​彩乃亜衣

​飴山アメ



©殺戮系男子症候群


 

Story
ストーリー

それは、何処にでもあって、何処にもない場所。
心に深い傷を持つ者のみが辿り着くという、深い『森』――。
そこには古より魔女伝承が伝えられており、
人々の心を惑わす『魔女』が住むと言われていた……。

心が軋む時、人々は何かに縋ろうとする。
そして、この森の魔力に知らないうちに導かれ、
魔女と邂逅を果たす。

愛と血は同じ色――静謐と残酷がせめぎ合う、
狂おしいほど残酷で、美しき寓話達。